※記事の投稿日時は実際の投稿日時ではなくて、実際に出来事のあった日付になるように設定してあります.なので日付と更新が前後している記事が存在します. ※画像をクリックすると新しいウィンドウで大きい画像を見ることが出来ます. ※画像は長辺1280px以下でサイズ200KB以下になるようにダウンサイズして投稿しています.

2015年03月31日

2015年冬アニメの視聴を終えて

2015年冬アニメも最終回を迎えましたので,視聴したものの感想を述べておこうかと思います.個人的に良かった作品には☆で印をつけておこうかと思います.

まずは,2クールものだった作品から.

・SHIROBAKO(☆);アニメ制作を描いた作品でした.全体を通してとても楽しく見れました.何気なく見ているアニメの制作現場を垣間見ることが出来て,アニメを見る目に新たな視線を得ることが出来た作品になったと思います.また,"仕事"を扱った作品だったので色々考えさせられるところはあったと思います.仕事をする意味とは何なのか?とか.また,人間模様のドラマもとても面白かったです.平岡とタローの飲み回では,これまで駄目なやつだと思っていたこの2人への考えを改めさせられた上に,社会での人間関係の難しさなど,まだ社会人じゃないので共感って言葉が空想なのかもしれませんが,同情の念を抱きました.現実でもありそうな苦悩や大変さを描きつつも,主人公たちが夢の実現に着実に近づいていっている様はアニメとしての夢や希望を残していて,それも良いバランスとなり,より作品が良い物になっていた気がします.まぁ,とにかく,素晴らしい作品でした.見てない方は是非!

・四月は君の嘘(☆);ヒロインの宮園かをりが病気だという設定があり,否応なく"死"と言うものに向き合わなければならないので,逆に言うと,"死"を扱われると,泣きモノにならざるを得ない感があって,こういうのは微妙な評価にしたくなってしまうのですが,この作品ではそれを考えてもとてもよい作品でした.と言うか,この作品で面白いと感じたのは,登場人物の交錯する恋心や好意,関係とその"青春"っぽさであったと思います.甘酸っぱい青春にノスタルジーを感じたことが個人的な高評価につながっている気はします.後は,クラシック音楽が良いこと,演奏シーンの緊張感の描き方などが上手かったなども良かったです.全体的に見てもとてもよい作品でした.陳腐な感想ですみません(^_^;)

・ガンダム Gのレコンギスタ;流し見してたので話の内容は殆ど入ってきていませんが(^_^;)結構,複雑な人間・組織関係があって,難解な作品ではあったと思います.

・クロスアンジュ 天使と竜の輪舞;まだ最終話を見ていない段階で感想を書いているので,最終話見たら追記します.後半から面白味が分かってきた作品でした.声優さんの被りなどから"汚いリリカルなのは"とか"汚いDOG DAYS"なんて揶揄された作品でしたが,いやぁ,汚かったですねw エロとか流血とか….

ここからは1クールものの感想です.

・DOG DAYS”;終始,如何にもDOG DAYSらしい話でした.もう3期目ですからね.安定はしていますが,1期など最初の方のようなインパクトも面白さも感じなくはなってきているのが現実でした.それは多分,視聴者側のマンネリ化と言うか"飽き"何だと思います.作品に罪はありません….普通に,面白かったです.

・アイドルマスタ―シンデレラガ―ルズ(☆);まだ最終話前です.と言うか,分割2クール作品とのことなので,前半のざっとした感想を述べておきます.この作品は,BS11で0時からとリアルタイム視聴が可能だったので,Twitterで実況しながら見ていたので,そういう楽しさはありました.無印のアニメ アイマスに比べてキャラが濃いというのか,好きなキャラが多かったので,こちらの方が楽しく見れています.やはり登場キャラクターに好意を抱けるかどうかがこの手の作品の視聴意欲に関わってくるのかなという思いはあります.今のところはいい感じです.因みに,個人的なお気に入りは,杏ちゃん,みくにゃん,アーニャあたりですかねぇー.

・アブソリュ―ト・デュオ;だらだら見てきましたが,凄く面白かったかと言われるとよく分からない作品でした.

・ユリ熊嵐;録画溜まってます…見なきゃなぁ….

・ロ―リング☆ガ―ルズ;まぁまぁ面白かったですが,何がどう面白かったのかと言われると…w

・艦隊これくしょん−艦これ−;色々叩かれていた作品になったので,話題性だけはありましたね.結局,ゲームとの乖離やガバガバな設定で全体的に残念な作品になっていた気はします.あとは,艦これは同人作品や公式の種々のコンテンツでかなり色々な趣向の物語が世に出回っていますから,それが仇となっているのは否めません.まぁ突っ込み始めたらきりがない作品になってしまっていたので,突っ込むのはここではやめておきましょう….この作品は,元々のゲームが知名度が高く人気があり,事前の期待値が高かっただけに不満の多い人が多かったり,単純にアニメ作品としての世間での評価が滅茶苦茶になってしまってることを抜いて考えても,少し雑目な平凡なアニメと言う感じだったと思います.

・幸腹グラフィティ;なかなか凄まじい飯テロアニメでした.シャフト臭は結構濃かったですかね.独特な表現がやはり目立ちます.特に食事シーン…w

・冴えない彼女の育てかた;ヒロインの加藤恵ちゃんが可愛かったのでその点は素晴らしかったと思います.あまりこれまでに見てこなかった系統のヒロインで好きになりました.まぁぼちぼちに面白い作品ではありました.不満をいうならば主人公がうざいというかイラッとするというか嫌いかなぁと言う….物語的にはまだまだ先が続いてもらわなくちゃ困る感じで最終回を迎えたので,2期目やって欲しいですね.個人的には恵ちゃんの可愛さとキャラで視聴継続したって感じです.

・銃皇無尽のファフニール;今季のラインナップの中ではかなり影が薄いというか,目立たない存在になってしまっていた気がする作品.原作のライトノベルは途中まで読んでいたのですが,そのイメージとの差でやはりうーんって唸ってしまうのが原作厨の問題点.まぁ平凡的なライトノベル原作のアニメって感じになっていたと思います.

・純潔のマリア;中世ヨーロッパを舞台に魔女を中心に描かれた作品で,色々と考えさせられて面白かった作品でした.まぁ処女を連呼する作品もなかなかないですしねw 戦争を止めさせたいマリアと,戦争をしないと儲からない,食べていけない人達との思考の差とか,こういう2つの視点が対立している構図を見ると,どっちにもそれなりの言い分があって本当はどちらが好ましいのだろうって思うことは現実でもあるので,考えさせられますよね.後は,教会や神と言った宗教観にも触れていて,興味深い思想や考えに触れることが出来た作品になっていた気がします.まぁマリアが可愛いと言うのが最大の評価点だと思いますけどね!w 最終的にはハッピーエンドで締まりも良かったと思います.

・新妹魔王の契約者;原作が相当エロいらしいと事前に話題になっていたのでアニメでどうなるのか気になってはいましたが,凄いエロアニメでしたねw でも,ストーリーもなんかかんか言って楽しめましたし,なんか2期やるらしいんで楽しみにしましょう.とりあえずエロシーンになると隠れすぎてて何が何だか分からない展開が逆に面白おかしかったです.

・聖剣使いの禁呪詠唱;まだ最後まで見ていませんが,空文字書く戦闘シーンのダサさが何とも…w とりあえず最後まで見てから感想は書き直します.

・夜ノヤッタ―マン;後半,まさかの黒幕登場の展開とか勢いのある戦闘シーンとか,見応えがありました.面白い作品でした.レパードちゃん可愛かったね.キタエリのロリ声たまらんかったっす.

とまぁこんなもんでしょうか.とりあえずメモみたいなものですが,感想でした.追記とかあったらするかもです.
posted by まっちゃん at 18:22| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック